「飲む日焼け止め」、P.O.L.C. [ポルク]、ニキビケア

「目」や「唇」や「頭皮」や「首の後ろ」のUVケアもできちゃうP.O.L.C. [ポルク]はこちらから!

「目」や「唇」や「頭皮」や「首の後ろ」のUVケアもできちゃうP.O.L.C. [ポルク]はこちらからどうぞ!

「飲む日焼け止め」P.O.L.C. [ポルク]の秘密!

いくら日焼けの大好きな欧米人でも、UVケアには興味があります。そんな日光浴の大好きな欲張り欧米人のために開発されたのが内側から紫外線対策ができる「飲む日焼け止め」P.O.L.C. [ポルク]です。

日焼け止めクリームを塗るのって結構、手間もかかるし、忘れがち。。


「飲む日焼け止め」P.O.L.C. [ポルク]には、

1.注目の日焼け止め成分「ニュートロックスサン」配合!



ニュートロックスサン」は、活性酵素をコントロールし、それと同時に肌細胞本来の力を利用し炎症を抑えます。

日焼けによるシミ・肌老化の原因に徹底的にアプローチしてくれる成分で、活性酸素のコントロールと、炎症を抑えることができるのは、 「ニュートロックスサン」配合の商品だけと言われています。

しかも、すでに日焼けしてしまったお肌のダメージを抑えることも可能だとか。。。

また、紫外線を浴びることによって体内で作られるビタミンDの体内生産を阻害しません。

ビタミンDから得られることは、

骨や歯を常備にする効果
・糖尿病を予防する効果
・免疫力を高める効果
・インフルエンザ予防効果


ニュートロックスサン」を摂ることによって、これらの影を守りつつ、悪影響を及ぼす紫外線はカットしてくれます。

2.クロセチン

クロセチンは、

血流を改善。
・栄養供給と老廃物の除去を促進


3.ルテイン

紫外線・可視光線から最もダメージの強い生色光を吸収
・目だけでなく、肌の保護にもつながる


4.ザクロエキス

ザクロには、

・アントシアニンと加水分解性のタンニンが含まれており強い抗酸化物質と抗がん作用を持つ

また「飲む日焼け止め」P.O.L.C. [ポルク]には、肌荒れ、ニキビケアにも効果が期待できるんです。



ベタベタした日焼け止めとお別れして、1日2〜5錠で終日効果持続の「飲む日焼け止め」P.O.L.C. [ポルク]はコチラからどうぞ!

大人ニキビの原因は紫外線だった!

紫外線には、2種類あります。

UVA波の特徴
真皮(表皮・真皮・皮下組織の3層構造の真ん中の層)まで深く到達してしまうため、肌にジワジワと影響して老化を早めてしまいます。シワやたるみ、肌の乾燥の原因になります。

UVB波の特徴
日焼けやシミの原因になります。肌へすぐ影響を及ぼし、シミやそばかす、くすみなどの色素沈着の元となります。

紫外線対策を怠ったために大人ニキビが悪化したり、ニキビ跡になってしまうこともありますので日ごろから、紫外線対策はしておいたほうが良いでしょう。紫外線による大人ニキビへの影響は以下の通りです。

ニキビ跡の原因に

紫外線の中でシミやそばかすの原因になるのがUVB波です。UVB波は、色素沈着の残るニキビ跡をつくり、シミをつくってしまうことがあります。紫外線を浴びると、紫外線の刺激からお肌を守るためメラニンをつくってしまい、それがのちにシミとなってお肌に残ってしまうのです。

クレーターの原因に
凹凸のあるニキビ跡(クレーター)は真皮(層表皮・真皮・皮下組織の3層構造の真ん中の層)までダメージが進んだニキビ跡のことです。紫外線に含まれるUVA波は真皮層まで到達しやすく、肌の深いところまでダメージを与えてしまいます。

肌の乾燥からニキビに
紫外線を浴びることで、お肌のバリア機能が低下しお肌は乾燥気味になります。お肌の乾燥はお肌をゴワゴワと厚くし、毛穴が詰まりやすくなります。

そのためニキビ対策には紫外線対策が必須になります。
SPF色素沈着タイプのニキビ跡PA乾燥ニキビやクレーターを防ぐ効果が期待できます。大人ニキビを予防したいために、SPFやPA値の高い日焼け止めを選びそうですが、これらの数値が高い日焼け止めはそれだけお肌にも負担がかかりますので注意が必要です。

ニキビやニキビ跡がある場合、お肌はとてもデリケートになっているので、できるだけお肌に負担のかからないやさしい日焼け止め対策を選ぶようにしましょう。

日傘や帽子を日焼け止めと兼用するのもよいでしょう。室内にいる時も、UVA波はガラスを通過してしまうので、軽めの日焼け止めをつける習慣をもつのもよいでしょう。

また大人ニキビができる場合は、お肌がデリケートな状態になっているので、お肌に負担の高い日焼け止めクリームを常に使うと大人ニキビの悪化にもつながります。この様な状態を避けたい方は飲む日焼け止めサプリメントをおすすめします。 

飲む日焼け止め」なら、機能の低下したお肌に化学成分を含む日焼け止めクリームを塗らずにすみますし紫外線をしっかりガードできるので、大人ニキビなどのお肌のトラブルの心配もありませんので、おすすめです。

ベタベタした日焼け止めにお別れして、1日2〜5錠で終日効果持続の「飲む日焼け止め」P.O.L.C. [ポルク]はコチラからどうぞ!

「飲む日焼け止め」 P.O.L.C. [ポルク]の口コミ


プールや生みに行った時は、どうしても水で日焼け止めクリームは流れてしまって効果がでなかったり、塗ったところがヌルヌルして不快感がありました。飲む日焼け止めなら内側から日焼
けケアなので、水場でも関係なく日焼けケアができているのでとても便利です。
22歳、女子



男性で日傘をさしたり、日焼け止めクリームを塗るのになんとなく抵抗がありました。飲む日焼け止めなら男女問わず気軽に日焼け対策ができて助かります。
37歳、男子




日焼け止めクリームって忙しいときにわざわざ塗るのがたいへんだし、汗で落ちたりするから塗りなおさないと効果がなくなってしまうのが悩みでした。焼けないために何度も何度も塗りなおしていたけれど、飲む日焼け止めサプリのおかげで、そんな生活が終わりにできます!
29歳、女子

ベタベタした日焼け止めにお別れして、1日2〜5錠で終日効果持続の「飲む日焼け止め」P.O.L.C. [ポルク]はコチラからどうぞ!

UV対策と日傘について

UV対策をしっかりとするためには、どんな日傘でも良いというわけではないんです。

日傘を購入するときは、UVカット率をチェックしましょう。

販売されている日傘には「遮光率」とか「UVカット率」と書かれたタグがついている製品があります。この2つは違う意味があります。


遮光率とUVカット率の違い

遮光率:可視光線をカットする割合 (可視光線は目に見える光のこと)
UVカット率紫外線をカットする割合

パラソルなどの日除けとしては、遮光率が高い日傘で十分ですが、紫外線対策を考える場合には、UVカット率が高いものを選んだほうが良いでしょう。

日傘を選ぶときのポイントですが、生地の表面白系を選ぶことをお勧めします。最近は黒い日傘が主流になっています。

でも、黒は光を吸収する色で、日傘の生地そのものが熱を帯びるため、かえって暑さを感じます。できるだけ暑さを感じたくないという人は、生地表面が白やシルバーコーティングされた日傘がオススメです。

日傘の内側黒系を選ぶことをお勧めします。

紫外線は地面からの反射光も含まれています。この照り返しの紫外線をできるだけ防ぐためには、生地の内側も大切です。 日傘の中には内側がシルバーコーティングされているものがありますが、これでは照り返し対策どころか、照り返しの反射光が日傘の内側で乱反射するので、紫外線を顔に集めているようなものになってしまいます。

これではどれだけ日傘のUVカット率が高くても意味がないです、日傘の内側で反射光が分散しないように、生地の内側は、黒系のものを選びましょう。二重張りの日傘も増えているので、購入する前に傘の内側の色を確認すると安心ですね。

ただし、日傘では反射光の紫外線を100%カットできません、日傘だけに頼り過ぎず、合わせて日焼け止めクリームを塗ることを忘れないほうがよいでしょう。

日傘を長持ちさせる方法

日傘のUVカット効果を長持ちさせたい場合には、取り扱いにも注意が必要です。 UVカット加工されている日傘は布製なので汚れやすい特徴があり、汚れが目立ってくると、汚れをこ
すったり、水洗いしたりしたくなりますが、UVカット加工は「こすれや水に弱い」ので、次の点に注意しましょう。

洗剤を使わない
雨傘として使用しない
水洗いしない
強くこすらない


急な雨のときにも使いたいという場合には、晴雨兼用の日傘を選ぶと不安もありませんね、日傘の効果や性質をバッチリ理解し、上手に紫外線対策をしましょう。

ベタベタした日焼け止めにお別れして、1日2〜5錠で終日効果持続の「飲む日焼け止め」P.O.L.C. [ポルク]はコチラからどうぞ!

 

サイトマップ

ひまわり証券でFXを